究極節制術


by etmleg0si4

責任能力など争点に=整理手続きが終了−秋葉原連続殺傷・東京地裁(時事通信)

 東京・秋葉原で2008年6月、17人を無差別に殺傷したとして、殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(27)の公判前整理手続きが8日、東京地裁(村山浩昭裁判長)であり、争点を責任能力などとすることを確認した。
 整理手続きはこの日が最後で、加藤被告も出席した。28日に初公判が開かれる。
 責任能力以外の争点は、殺人未遂罪のうち、ナイフで刺した1人への殺意があったかどうかと、現行犯逮捕しようとした警察官に対する公務執行妨害罪が成立するかどうか。
 加藤被告はこれまで「事件の記憶がない」などと話しており、弁護側は犯行当時の完全責任能力に疑いがあると主張する方針。
 証人として検察側36人、弁護側6人の採用が決まった。 

【関連ニュース】
加藤被告、一部否認へ=責任能力も争う方針
加藤被告の初公判、来年1月に=秋葉原連続殺傷
警官が車に拳銃発砲=運転者の男がけがか
日系ブラジル人を再逮捕=警官襲撃の容疑
女性警官宅侵入の巡査長逮捕=「好意持ち、知りたくて」

もも吉
上野のキャバ嬢
クレジットカード現金化 比較
モバイル ホームページ
現金化
[PR]
by etmleg0si4 | 2010-01-13 11:06